現場仕事を辞めたいと感じる6つの理由!向いていない人の特徴も解説

「現場仕事を辞めたいと思う理由を知りたい」

「そもそも現場仕事に向いていない人の特徴はなんだろう」

このような悩みを持っている人も多いのではないでしょうか。

現場仕事を辞めたいと思う理由には、発注会社や現場監督に不満があったり、体力的にしんどいと感じたりすることが挙げられます。体育会系のノリが強く、体力的にも精神的にもきついと感じる部分が多い仕事です。

本記事では、現場仕事を辞めたいと感じる理由や現場仕事に向いていない人の特徴、現場仕事を辞めたいと感じた際の対処法などを解説します。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

現場仕事を辞めたいと感じる6つの理由

現場仕事を辞めたいと感じる理由は、以下の6つです。

  • 発注会社や現場監督に不満がある
  • 先輩からパワハラを受けている
  • 人手が足りておらず残業が多い
  • 体力的にしんどいと感じる
  • 給料アップや昇給が見込めない
  • 出張や転勤が多い

それぞれ詳しく解説するので、参考にしてみてください。

発注会社や現場監督に不満がある

現場仕事を辞めたいと感じる理由の一つに、発注会社や現場監督への不満があります。

現場の仕事は、発注会社の社員や現場監督から指示を受けるため、現場での指示が曖昧だったり、無理なスケジュールを強いられたりするとストレスが溜まります。また、コミュニケーション不足や不公平な扱いにより、作業に納得できないと、不満がつのり辞めたいと思うようになるのです。

また、現場監督との信頼関係が築けない場合、作業者としては仕事へのモチベーションが低下しやすくなります。このような状況が続くと、仕事に対する意欲を失い、辞めたいと感じることが多くなります。

先輩からパワハラを受けている

体育会系で昭和気質な人たちが多い建設現場では、先輩からのパワハラによって、現場仕事を辞めたいと感じる人も少なくありません。

厳しい指導や理不尽な叱責、無理な要求などが続くと、精神的な疲弊が増していきます。パワハラは職場環境を悪化させ、自尊心を傷つけるため、仕事に対する意欲を失うでしょう。

こうした状況では、仕事を続けることが困難になり、辞めたいと感じるのは当然のことです。

人手が足りておらず残業が多い

人手不足による長時間労働も、現場仕事を辞めたいと感じる大きな要因です。

建設業界では、若手人材の不足と、職人の高齢化が問題視されています。体力的に有利な若手が少なくなれば、作業効率も下がり残業も増えてしまいます。スタッフが不足している現場では、一人当たりの負担が増え、残業が常態化するのです。

国土交通省の「職業情報提供サイト」によると、建設・土木作業員の有効求人倍率は、7.49倍です。この数字からもいかに人が足りていないかがわかるでしょう。

長時間働くことで疲労が蓄積し、体力的にも精神的にも限界を感じやすくなります。仕事とプライベートのバランスが取れず、家族との時間も犠牲になることが多いです。結果として、継続的な疲労感やストレスが原因で、辞めたいという思いが強くなります。

体力的にしんどいと感じる

常に体を動かし続ける現場仕事の過酷さから、体力的にしんどいと感じることも辞めたい理由の一つです。

重い荷物を運んだり、長時間立ちっぱなしの作業が続いたりすると、体に大きな負担がかかります。特に年齢を重ねると回復力が低下し、疲労が抜けにくくなるでしょう。

体力的な限界を感じると、仕事を続ける意欲も薄れてしまいます。また、将来的に年をとったときのことを考えて、体力的にしんどくなるから辞めたいと考える人もいます。

給料アップや昇給が見込めない

現場仕事の内容や会社によって、賃金アップが見込めず、昇給も見込めないことから辞めたいと感じるケースがあります。

仕事に対する対価が十分でないと感じると不満が募るため、現場仕事を辞めたいと感じるのは自然なことです。将来のキャリアや生活の安定を考えたとき、給料アップや昇給の期待が持てない職場では、モチベーションを維持することも難しいでしょう。

また、同業他社と比較して給料が低い場合、ほかの職場への転職を検討するきっかけになります。経済的な不安は、仕事を辞めたい理由の一つとして非常に大きいと言えます。

出張や転勤が多い

現場仕事を辞めたいと感じる理由の一つに、出張や転勤が多いことがあります。

頻繁な出張や転勤は、生活のリズムを崩し、家庭やプライベートの時間を犠牲にすることにもなります。家庭を持っている場合、単身赴任をして家族にも会えないことが多くなり、辞めたいと思う人も多いでしょう。

このように、出張や転勤が多くなると、家族と過ごす時間が減り、子供の成長を見守る機会を失うことにもなるのです。

また、新しい環境に慣れるためのストレスや、仕事の進捗を把握するための時間が増えることで、精神的な負担も大きくなります。出張や転勤が続くと、安定した生活を望む気持ちが強まり、現場仕事を辞めたいと思う人が増えます。

現場仕事に向いていない人の特徴

現場仕事に向いていない人の特徴は、以下の3つです。

  • 体育会系のノリが苦手な人
  • 大雑把な性格な人
  • 体力に自信がない人

それぞれ詳しく解説します。

体育会系のノリが苦手な人

チームワークや上下関係が重視されることの多い現場仕事では、体育会系のノリが強い職場も少なくありません。

コミュニケーションが苦手で、静かに仕事したい人のように、ノリのよい環境に馴染めない人は、現場仕事に向いていないことがあります。例えば、厳しい指導や声を張り上げてのコミュニケーションが苦手な人は、ストレスを感じやすくなります。

さらに、フレンドリーな雰囲気や積極的な協力体制が求められる場面でも、気後れすることは珍しくありません。結果として、職場での居心地が悪くなり、仕事のパフォーマンスにも影響が出ることが考えられます。

大雑把な性格な人

現場仕事では、細かい作業や正確な手順が求められることが多いため、大雑把な性格の人は向いていない場合があります。

ミスや誤差が重大な問題を引き起こすことがあるため、細心の注意が必要です。大雑把な人は、作業のチェックや確認を怠りがちで、結果として品質や安全性に影響を及ぼすことがあります。また、細かい指示や手順を守ることにストレスを感じることが多く、長期的に見て仕事に対する満足感が得られない可能性があります。

体力に自信がない人

現場仕事は、体力を必要とすることが多く、体力に自信がない人には厳しい環境です。

長時間の立ち仕事や重い荷物を運ぶ作業が日常的に行われるため、体力がないと疲労が溜まりやすくなります。また、夏は暑く、冬は寒いという環境のなかで、屋外で仕事をすることにもなります。

また、体力が不足していると、集中力が続かずミスを犯しやすくもなるため、現場仕事において体力があることは必須です。そのため、体力に自信がない人は、体調を崩すリスクも高まりやすく、安定して仕事を続けることが難しいと言えるでしょう。

結果的に、現場仕事に対する意欲やモチベーションが低下し、向いていないと感じることが多くなります。

現場仕事を辞めたいと感じた際の対処法

現場仕事を辞めたいと感じた際の対処法は、以下の5つです。

  • 辞めたい原因を明確にしてみる
  • 上司・同僚・専門家に話を聞いてもらう
  • 現職のまま内勤に異動できないか相談してみる
  • あらためてキャリアプランを考えてみる
  • 転職活動を進める

それぞれ詳しく解説します。

辞めたい原因を明確にしてみる

現場仕事を辞めたいと感じたときは、辞めたい原因を明確にすることが大切です。

なぜなら、なんとなく辞めたいと思い転職しても、新たな職場でもまた同じように辞める可能性があるからです。具体的な問題点を把握することで、業務内容に対する不満や人間関係のトラブル、体力的な負担などの原因が明確になり、対策を講じやすくなります。

自分自身にとって何が最も大きなストレス源なのかを冷静に分析することで、次のステップが見えてきます。原因を明確にすることは、適切な解決策を見つけるための第一歩です。

上司・同僚・専門家に話を聞いてもらう

辞めたいと感じたときは、上司や同僚、専門家に話を聞いてもらうことが有効です。

信頼できる上司や同僚に悩みを相談することで、新たな視点やアドバイスが得られることがあります。職場内で解決が難しい場合は、メンタルヘルスの専門家やキャリアカウンセラーに相談することも考えられます。第三者の意見を聞くことで、自分では気づかなかった問題点や解決策が見つかることが多いです。話をすることで、気持ちが軽くなる効果も期待できます。

現職のまま内勤に異動できないか相談してみる

現場仕事が合わないと感じた場合、内勤への異動を上司に相談してみることも一つの対処法です。

内勤には現場とは異なる業務内容や職場環境があり、自分に適した働き方が見つかるかもしれません。異動によって仕事へのモチベーションが回復することもあります。また、異動を通じて新たなスキルや知識を身につけるチャンスも得られるのです。現職のまま環境を変えることで、キャリアの継続が可能となる場合があります。

会社自体が嫌いでなければ、内勤への異動希望を出してみるのも一つの方法です。

あらためてキャリアプランを考えてみる

辞めたい気持ちが強いときは、あらためて自分のキャリアプランを見直すことが大切です。

長期的な目標や自分がやりたいことを再確認することで、現職での経験がどのように役立つかを考えるきっかけになります。自分のスキルや強みを活かせる仕事や職場環境を見つけるために、キャリアプランを練り直すことが有益です。計画を立てることで、将来の方向性が明確になり、不安や迷いを軽減する助けになります。

転職活動を進める

現職での解決策が見つからない場合、転職活動を進めることも一つの選択肢です。

新しい職場で自分に合った仕事や環境を見つけることで、現状のストレスから解放される可能性があります。転職活動を通じて、自分の市場価値や希望条件を見直す機会にもなります。求人情報を収集し、面接を受けることで、自分に適した新しい職場を探すことができます。

なお、同じ建設業界での転職であれば、建設業に特化した転職サイトを活用するのがおすすめです。転職はリスクも伴いますが、適切な準備をすることで、より良い職場環境を手に入れることが可能です。

まとめ

現場仕事を辞めたいと感じる理由として、以下の6つを解説しました。

  • 発注会社や現場監督に不満がある
  • 先輩からパワハラを受けている
  • 人手が足りておらず残業が多い
  • 体力的にしんどいと感じる
  • 給料アップや昇給が見込めない
  • 出張や転勤が多い

体力的にも精神的にもきついと感じやすい現場の仕事では、辞めたいと感じる人が多くいるでしょう。現場仕事を辞めたいと感じたときには、建設業界で転職活動をするのか、建設業以外で転職活動を行うのかを考えましょう。建設業界で転職する場合は、建設業界の転職情報に強い、建設業界に特化した転職サイトを活用してみましょう。

関連キーワード

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事