メンタルが弱い人は現場監督に不向き?5つの理由と対処法を解説

「メンタルが弱い人でも現場監督になれるのだろうか」

「メンタルが弱い人が現場監督になって苦労する理由を知りたい」

このように、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

メンタルが弱い人でも、現場監督になることは可能です。ただし、メンタルが弱い人では、現場監督の仕事において、しんどいと感じる場面も多くあるのも事実です。

本記事では、メンタルが弱い人が現場監督になって苦労する理由や現場監督に向いていない人の特徴、現場監督の仕事がしんどいと感じた際の対処法などを詳しく解説します。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

【結論】メンタルが弱い人でも現場監督はできるが注意が必要

現場監督は、メンタルが弱い人でもなることが可能です。

メンタルの弱さが仕事に影響をおよぼすのは、働き方や周りの環境が左右するケースが少なくありません。自身の仕事スタイルやほかの社員の助けがあると、もともとメンタルが弱い人でも、メンタルの弱さをカバーしながら働くことが可能です。

もちろん現場監督においても、メンタルが弱いからといって働けないわけではありません。

ただし、メンタルが弱い人が現場監督になると苦労することが多々あるのも事実です。苦労するポイントを次章で解説します。

メンタルが弱い人が現場監督になって苦労する5つの理由

メンタルが弱い人が現場監督になって苦労する理由は、以下の5つです。

  • 監督業務の責任が重い
  • 長時間労働で疲弊してしまう
  • 人間関係がしんどい
  • 寝不足になる
  • 業務量が多く仕事が終わらない

それぞれ詳しく解説します。

監督業務の責任が重い

現場監督は、プロジェクト全体の進行を統括する重要な役割を担っており、仕事には大きな責任とプレッシャーが伴います。

現場監督の業務の一例としては、現場の安全確保や人員配置、各所とのやりとり、スケジューリングなどがあります。その業務も現場を滞りなく進める上で重要であり、ミスがあれば大きな問題に発展し、自分だけでなく他のスタッフにも影響をおよぼすのです。

メンタルが弱い人にとって、決定を下す立場である現場監督の重圧は耐え難いものであり、大きな不安を感じるでしょう。責任の重さは心身に大きな負担となり、精神的な疲労を引き起こす要因となります。

長時間労働で疲弊してしまう

現場監督の仕事は、早朝から深夜まで続くことが珍しくなく、長時間労働が常態化しています。

また、現場監督は現場での仕事だけではなく、デスクワークも多くあり、現場が終わったあとに営業所に戻って仕事をすることも多くあります。

長時間労働によって蓄積された過度の疲労がストレスを増幅させることが多く、集中力や判断力の低下にもつながるのです。さらに、長時間労働が多いと、家に帰ってからもただ寝るだけになってしまい、休んだ気がしないため疲れがたまってしまいます。

結果的に仕事の質が落ち、さらにストレスが増すという悪循環に陥ることが考えられます。

人間関係がしんどい

現場監督は、職人や発注者、社内の人間など、さまざまな人とのコミュニケーションが求められます。

意見の対立やトラブルが発生することも少なくなく、その都度調整や仲裁が必要です。メンタルが弱いと、他者との対立や批判に対する耐性が低いため、これらの場面で大きなストレスを感じることが多いでしょう。また、コミュニケーションが不得意な人も、特に人間関係で気疲れして疲弊する可能性があります。

人間関係の複雑さに悩むことが続くと、次第に現場監督という仕事そのものが嫌になってしまうのです。

寝不足になる

現場監督は、早朝から夜遅くまで働くことが多く、十分な睡眠を確保できないことも珍しくありません。

職人との交流で遅くまで飲食することもありますし、営業所から距離の離れた現場に行く際には、朝早くに出勤することもあります。寝不足になるとメンタルに悪影響を及ぼしやすく、イライラや不安感が増す原因になります。

睡眠不足が続くと、疲労感や集中力の低下に加え、情緒の安定が失われやすくなり、結果的に業務への支障が増えてしまうのです。

業務量が多く仕事が終わらない

現場監督の仕事は、多岐にわたっており、一日のスケジュールが非常にタイトです。

計画の策定から進捗管理、問題解決まで、多くのタスクをこなさなければなりません。また、現場監督として携わる1つの案件が長期にわたることも多く、複数案件を抱えると業務の把握だけでも非常にストレスを感じます。

時間内に終わらない仕事が積み重なると、焦りや不安が募り、精神的な負担がますます増大します。これにより、次第に業務に対するモチベーションも低下してしまい、現場監督の仕事にネガティブな気持ちを抱くようになるのです。

メンタルが弱ってしまう現場監督の特徴

メンタルが弱ってしまう現場監督の特徴は、以下の3つです。

  • 真面目すぎる人
  • 自己肯定感が低い人
  • コミュニケーションが苦手な人

それぞれ詳しく解説するので、参考にしてみてください。

真面目すぎる人

すべての業務において完璧を追求する傾向のある真面目すぎる人は、現場監督に向いていないと言えます。

完璧主義な人や真面目すぎる人は、何事も完璧にこなそうとして、自分に過度のプレッシャーをかけてしまう傾向にあるのです。ミスが許されないというプレッシャーを自らに課すと、過度の責任感によって、自身の心が押しつぶされそうになってしまいます。

その結果、ストレスが蓄積し、メンタルが弱ってしまうのです。

また、すべてを自分で抱え込もうとするため、周囲に頼れず、孤立感を感じやすい傾向にあります。建設現場では、予期せぬトラブルが発生することもあり、全業務を完璧に管理することは実際には難しいと言えます。真面目すぎる人は、休むことに対しても罪悪感を抱きやすく、疲労が抜けないまま業務を続けることが多いのです。

自己肯定感が低い人

自己肯定感が低い人は、自分の能力や成果に対して自信をもてず、常に他者と比較してしまう傾向にあります

また、自己肯定感が低いことで、将来の不確実な要素に対して強い不安を感じることが多く、そのような人は常に最悪の事態を想定してしまいます。

現場監督としてのプレッシャーや責任が重くのしかかるなかで、自分は十分でないと感じることが多いと、メンタルが弱りやすくなります。また、建設現場では、トラブルが起きることもあるので、そのたびに強い不安感を感じていると大きなストレスにつながるでしょう。

さらに、失敗や批判を過度に恐れるため、挑戦することに消極的になりがちです。このように、自己肯定感の低さは、ストレス耐性を低下させる大きな要因となり、仕事上の新たな挑戦にブレーキをかけることにもなります。

コミュニケーションが苦手な人

現場監督としての役割には、チームや業者との円滑なコミュニケーションが不可欠です。

しかし、コミュニケーションが苦手な人は意思疎通が大きな困難となり、必要な情報を正確に伝えることが難しくなります。現場で働く職人や発注者との意思疎通が取れないと、信頼関係の構築ができず、工事の進捗やトラブル時の対応に悪影響がでてしまいます。

人間関係の構築に苦労すると、孤立感を感じやすく、仕事が空回りしてしまい、大きなミスにつながる可能性もあるのです。また、コミュニケーションがうまく取れないと、他者に頼れず、一人で問題を抱え込みがちになり、結果的にメンタルに悪影響を及ぼします。

現場監督がメンタルの不調に悩んだときの対処法

現場監督がメンタルの不調に悩んだときの対処法は、以下の4つです。

  • 意識的に休息を取る
  • 身近な人や専門家に話を聞いてもらう
  • 完璧主義をやめてみる
  • 転職活動を始めてみる

少しでも不調を感じている人は、本記事で紹介している内容を参考にして、早めに対策を取るようにしましょう。

意識的に休息を取る

現場監督がメンタルの不調に悩んだときは、意識的に休息を取ることが重要です。

休憩を怠ると疲労が蓄積し、精神的な負担が増加します。長時間労働で大変ななかでも、定期的にリラックスできる時間を設けることで、心身の回復が期待できます。疲労感を軽減できれば、仕事へのモチベーションや集中力にも好影響が期待できるのです。

たとえまとまった休憩が取れなくても、仕事の合間の短い休憩時間を意識して休むだけでも効果があります。また、休日には趣味や家族との時間を楽しむことも大切です。

このように、休息を取ることで、長期的なパフォーマンス向上にもつながり、メンタルの回復が期待できます。

身近な人や専門家に話を聞いてもらう

メンタルの不調に悩んだ際には、身近な人や専門家に話を聞いてもらうことも有効です。

信頼できる友人や家族、会社の同僚に悩みを打ち明けることでスッキリして、気持ちが軽くなる可能性があります。話すことで、問題の整理ができ、新たな視点の発見にもつながるでしょう。

精神的にどうしてもしんどいと感じるときは、専門家に相談するのも一つの方法です。カウンセリングやメンタルヘルスの専門家は、適切なアドバイスやサポートを提供してくれます。会社によっては、産業医が属しているため、無理しすぎずに話を聞いてもらいましょう。

話を聞いてもらうことは、心の負担を軽減するための大切な手段です。

完璧主義をやめてみる

現場監督の役割をまっとうするために責任感をもって、完璧にこなす姿勢は大切ですが、完璧主義はメンタルの不調を引き起こす原因にもなります。

そのため、完璧を求めすぎず、適度な妥協を許容することが重要です。現場監督の仕事において、何かしらの問題が発生することもあります。人的なミスではなく、自然的な問題で避けられないこともあります。ですので、すべてを完璧にこなそうとせずに、自分自身に過度なプレッシャーをかけないことが大切です。

ミスや失敗は成長の一部と捉え、柔軟な思考を持つよう心がけましょう。また、完璧主義をやめるためには、自分の目標や期待値を現実的に設定することも重要です。

完璧主義をやめることで、ストレスが軽減され、心の余裕が生まれます。

転職活動を始めてみる

メンタルの不調を引き起こす大きな要因が勤めている会社であったり、現場監督という仕事であったりする場合には、転職活動を始めることも一つの選択肢です。

新しい環境に移ることで、現在のストレスから解放される可能性があります。例えば、上司のパワハラや会社の方針など、個人では対応できないような場合は、転職を検討すべきでしょう。

また、転職を考えることで、自分にとって重要な働き方や仕事を再確認する機会にもなります。新しい職場に移ることで、よりよい働き方や環境が見つかる可能性もあります。

転職活動を通じて、自分のキャリアや生活のバランスを見直し、メンタルの健康を取り戻せるでしょう。

まとめ

現場監督は、メンタルが弱い人でもなることが可能です。

ただし、メンタルが弱い人が現場監督になると、以下のような理由で苦労する可能性が高いと解説しました。

  • 監督業務の責任が重い
  • 長時間労働で疲弊してしまう
  • 人間関係がしんどい
  • 寝不足になる
  • 業務量が多く仕事が終わらない

メンタルの不調を感じたときには、無理をせずに、本記事で紹介した対処法を取り入れることが大切です。転職活動を行う際には、現場監督以外の建設関係の仕事を選択することも検討してみましょう。その際には、建築関係専門の転職サイトを活用するのがおすすめです。

関連キーワード

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事