「現場監督は地獄」と言われる9つの理由!ハードな施工管理に向いている人の特徴とは

建設業界において、「現場監督の仕事は地獄だ」と言われることは少なくありません。

その理由はどこにあるのでしょうか?

今回は、現場監督の仕事が「地獄」と言われる理由や現場監督の仕事が「地獄」と感じない人の特徴、現場監督・施工管理の仕事の魅力について詳しく解説していきます。

これから現場監督を目指す方や、「地獄」「きつい」と言われて不安になっている方の参考になるようにまとめました。ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

「現場監督は地獄」と言われる理由9選

なぜ「現場監督は地獄」と言われてしまうのでしょうか。

その理由として挙げられることが多いのは以下の9つの項目です。

  • 労働時間が長い
  • 土日出勤が多い
  • 業務量が多い
  • 責任が重い
  • 人間関係が複雑
  • 体力的にきつい
  • 業務内容と給与が見合っていない
  • 危険と隣り合わせ
  • 昔ながらの慣習が残っている

項目ごとに詳しく見ていきましょう。

労働時間が長い

建設工事は納期の厳守が求められるため、現場監督は早朝から深夜まで働くことも。特に工程が遅れている場合や突発的なトラブルが発生した場合には、休む暇もなく対応しなければならないことも多いです。

長時間労働は、現場監督の心身に大きな負担をかけてしまいます。

また、長時間労働が続くことで、家族や友人と過ごす時間が減り、プライベートにも大きな影響を与えてしまうでしょう。

労働時間が長く、肉体的にも精神的にも負担が大きいことが、「現場監督は地獄」と言われる大きな原因のひとつとなっているのです。

土日出勤が多い

現場の進捗によっては、現場監督は土日も休みなく働くことが珍しくありません

建設業界では、天候や他の要因で予定が狂いやすいため、平日だけでは対応しきれないことがよくあります。

結果として、週末の自由時間が削られることが多く、プライベートの時間を確保するのが難しい状況が続きます。

家族イベントや友人との予定を犠牲にすることも少なくないため、土日出勤が常態化すると精神的なストレスが大きくなってしまいます

業務量が多い

現場監督の業務は多岐にわたります。

工程管理や安全管理など、多くの項目を管理しなければなりません。それぞれの業務に対して細心の注意を払い、効率よく進めるためのスキルが求められます。

また、各種報告書の作成や書類の整理など、現場での業務だけでなくデスクワークも大量に発生します。

業務量が多いことで、常にマルチタスクをこなす必要があり、大きな精神的負担がかかってしまうことが、「地獄」「きつい」と言われてしまう原因のひとつとなっているのです。

責任が重い

現場監督は、建設工事の品質や工程、コスト、安全の管理というさまざまな責任を背負っています。

何か問題が発生した場合、その責任のほとんどが現場監督に降りかかります

特に作業員や近隣住民の生命に関わる安全管理に関する問題は重大で、ミスは絶対に許されません。

常に緊張感を持って仕事に取り組む必要があります。

このような責任の重さは精神的なプレッシャーとして現場監督に重くのしかかります。

人間関係が複雑

建設現場では、多くの人との関わりの中で仕事を進める必要があります。

職人や作業員、設計者、クライアント、近隣住民など、さまざまな立場の人たちと円滑なコミュニケーションを図る必要があります

時には意見が対立することもあり、現場監督はその調整に苦労することも

さらに、職場の上下関係やチーム内の人間関係も複雑で、それらをうまくマネジメントするスキルが必要です。

体力的にきつい

現場監督の仕事は、デスクワークだけでなく、現場を駆け回る仕事も多く含まれます。

時には重い機材を運んだり、高所での作業を監督したりするため、体力的な負担が大きいです。

基本的に屋外での作業になるため、特に、夏場の暑さや冬場の寒さの中での作業は過酷です。

体力が低下すると、仕事のパフォーマンスに大きく影響してしまうため、健康管理に十分注意を払う必要があります。

業務内容と給与が見合っていない

多くの現場監督は、そのハードな業務内容に対して給与が見合ってないと感じています。

長時間労働や重い責任に対する報酬が十分でないと、不満が募りやすくなってしまいます。

特に、新人や若手の現場監督は、経験が浅いために低賃金で働かされることも少なくないため、モチベーションを保つのが難しいでしょう。

スキルアップや資格取得を通じて、少しずつ上がっていきますが、特に経験が浅いうちは、業務内容や業務量と給与が見合っていないと感じ、「きつい」と感じる理由になっていると考えられます。

危険と隣り合わせ

建設現場では、常に危険が伴います。

重機の操作や高所作業、重量物の運搬など、事故のリスクが高い業務が日常的におこなわれています。

そのため、常に安全意識を高く持ち、危険を回避するための注意が必要です。

しかし、どれだけ注意を払っていても事故が起きる可能性はゼロではないため、その緊張感が現場監督の精神的な負担となってしまいます。

安全管理は現場監督の最も重要な役割のひとつ。定期的な安全教育や訓練を実施し、最新の安全規定や装備を導入することで、事故のリスクを最小限に抑える努力が求められます。

自分の身も、作業員や職人の身も守らないといけない立場である現場監督は、常に危険と隣り合わせの環境に大きなストレスを感じてしまうのです。

昔ながらの慣習が残っている

建設業界には、古くからの慣習や文化が根強く残っています。

体育会系の縦社会である場合が多く、特に若手の現場監督は、これらの慣習に馴染むのに苦労することも。現場の改善を提案しても受け入れられないことが少なくありません。

このような昔ながらの慣習が残ってしまっている職場環境が、「地獄」「きつい」と感じる理由のひとつとなっていることが考えられます。

「現場監督は地獄」と感じた時の改善策

どんなに頑張っていても、「現場監督は地獄」と感じてしまうことは少なくありません。

そんな時に、自分で改善できる可能性がある方法がいくつかあります。

  • 仕事の優先順位を明確にする
  • 仕事を早く覚える
  • 積極的にコミュニケーションを取る
  • 何に対して「地獄だ」と感じているかを明確にする
  • 上司や先輩に相談してみる
  • 転職を検討する

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

仕事の優先順位を明確にする

多忙な現場監督の仕事を効率的にこなすためには、仕事の優先順位を明確にすることが大切

何から手をつけていいか分からず、やらなければならない仕事が煩雑になることで、「地獄だ」と感じてしまいやすくなります。

まず、すべてのタスクをリストに書き出し、重要度や緊急度で分類し、優先順位の高いものからこなしていきます。

また、状況は常に変わっているため、定期的にタスクの優先順位の見直しをおこない、必要に応じて調整をしながら進めましょう。

優先順位を明確にして仕事をすることで、無駄な時間を減らし、効率的に仕事を進めることができます。

仕事を早く覚える

特に新人の現場監督は、仕事を早く覚えることで「地獄」と感じる場所から抜け出すことができるかもしれません。

多くの若手現場監督は、仕事をすべて覚えきれていないことが原因で、仕事を自分で増やしてしまったり、優先順位が分からず効率が悪くなってしまったりしている可能性があります。

経験豊富な先輩や上司から直接教わることで、効率的に知識を吸収し、早く仕事を覚えることができるでしょう。

積極的にコミュニケーションを取る

現場でのコミュニケーションは非常に重要です。

定期的なミーティングを開いて情報を共有することで、進捗状況や問題点に対して全員が同じ方向を向いて仕事を進めることができるでしょう。

オープンな姿勢で意見や提案を積極的に受け入れ、タスクや指示は明確に伝えるように心がけることが大切です。

また、スタッフや協力業者に対して感謝の気持ちを素直に伝えることで、良好な人間関係を築き、モチベーションを高め、現場全体の士気を高めることにつながります。

何に対して「地獄だ」と感じているかを明確にする

「現場監督は地獄だ」と感じているのは、具体的に何が原因なのかを明確にすることも大切です。

まず、日々の業務の中で感じるストレスや不満の原因を具体的にリストアップし、自分が抱いている問題の全体像を把握します。

次に、リストアップした問題点について原因を分析。労働時間が長いのか、人間関係が上手く行ってないのか、業務内容に不満があるのかなどを具体的に考えます。

問題の原因が明確になったら、それに対する具体的な対策を検討し、労働時間の短縮や業務の分担など、具体的にどう動けばいいかを考えてみましょう。

上司や先輩に相談してみる

自分が現場監督として仕事をしていくことが「地獄だ」「辛い」と感じていることを、素直に上司や先輩に相談してみるのもひとつの方法です。

業界での経験が自分よりもずっと長い上司や先輩なら、現場の乗り越え方をアドバイスしてくれるかもしれません。

さらに、現場の改善に向けて一緒に方法を模索してくれる上司もいるでしょう。

ひとりで抱え込まず、信頼できる上司や先輩に相談してみましょう。

転職を検討する

どうしても現場監督の仕事が自分に合わないと感じる場合には、転職を考えることも選択肢のひとつです。

転職を考える場合、まずは自分自身の適性や興味を見つめ直し、現場監督のどの部分が自分に合わなかったのか、自分は仕事に何を求めているのかを明確にしましょう。

これまでの経験を整理し、それが他の職種や業界でどのように活かせるかを考えます。

具体的な目標が決まったら、履歴書や職務経歴書を作成し、転職活動を開始します。

面接対策や企業研究をしっかりおこない、自分に合った職場を見つけるようにしましょう。

現場監督の仕事が過酷であることは事実ですが、適切な改善策を講じることで、少しでも働きやすい環境を作り出すことはできるかもしれません。

それでも改善が難しい場合には、転職も視野に入れて、自分に合った働き方を見つけることが大切です。

現場監督の仕事が「地獄」と感じない人の特徴

「現場監督は地獄」と言われることも多いですが、実は現場監督の仕事が「地獄」と感じない人がいるのも事実。

現場監督の仕事が地獄と感じない人の特徴は以下の通りです。

  • 体力があり現場での仕事が楽しいと感じる
  • コミュニケーション能力が高い
  • 問題解決能力が高い

このような特徴がある人は、「現場監督は地獄」と感じることがあまりないようです。

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

体力があり現場での仕事が楽しいと感じる

現場監督の仕事は体力勝負。体力があり、現場での仕事を楽しいと感じられる人は、現場監督の仕事に向いていると言えるでしょう。

現場での業務が多いため、動き回ることが好きな人にとっては、「地獄」と感じるどころか、逆に充実感を感じる場面が多くなるでしょう。

また、建設現場のダイナミックな環境を楽しめる人は、ストレスを感じることなく業務にあたることができます。

コミュニケーション能力が高い

多くの人との関わりを持ち、円滑に業務を進めるためには、優れたコミュニケーション能力が必要。

立場の異なるさまざまな人たちとの調整や交渉力が求められるため、相手の意見を尊重しつつ、自分の意見を効果的に伝えるスキルが重要です。

このような人との関わりを楽しめる人は、現場監督の仕事を「地獄」と感じにくいでしょう。

現場監督のコミュニケーション能力が高いと、チーム全体の士気が高まります。

明確な指示とスムーズな情報共有で、現場でのトラブルを迅速に解決することで現場での信頼関係が高まり、楽しみながら業務をこなすことができるでしょう。

問題解決能力が高い

建設現場では、予期しない問題が頻繁に発生します。

現場監督には、これらの問題を迅速かつ的確に解決できる能力が求められます。

柔軟な発想と冷静な判断力を持ち、プレッシャーの中でも的確に対処できる人は、現場監督の仕事に向いていると言えるでしょう。

問題を解決する達成感を味わうことのできる人は、現場監督の仕事を「地獄」と感じることなく仕事に取り組むことができるのです。

現場監督・施工管理の仕事の魅力

「地獄」「きつい」と言われることの多い現場監督の仕事ですが、現場監督・施工管理だからこそ得られる仕事の魅力があることも事実です。

現場監督・施工管理の仕事の魅力としてよく挙げられる項目は以下の3つです。

  • 未経験から高収入を狙える
  • 社会に貢献していることを実感できる
  • 安定して仕事がある

ひとつずつ詳しく解説していきます。

未経験から高収入を狙える

現場監督の仕事は、未経験からでも始められる場合が多く、経験を積むことで高収入を狙うことができます

建設業界全体の需要が高いため、経験を積みスキルを磨けば、将来的に安定した収入を得ることが可能です。

特に、大規模なプロジェクトを担当できるようになれば、現場監督として得られる報酬の額も大きなものになります。

資格取得や専門知識を深めることで、未経験からでも高いポジションに就くことができるほか、実績を積み重ねることで、フリーランスとして独立する道も開けるでしょう。

社会に貢献していることを実感できる

建設工事は、社会インフラを支える重要なもの。

道路やトンネル、橋、病院、ショッピングモールなど、人々の生活に欠かすことのできない重要な施設をつくる仕事です。

自分が責任者として関わった建物や施設が完成し、多くの人々に利用されるのを見た時に、大きな達成感と社会に貢献している実感を得られます

社会の発展に寄与しているという誇りが、仕事へのやりがいにつながるでしょう。

安定して仕事がある

建設業界では、常に新しいプロジェクトが立ち上がっており、仕事が途切れることは少ないでしょう。

公共事業やインフラ整備、老朽化に伴う修繕などは、景気に関係なく必要なものなので、安定して仕事が確保されています

特に大都市や再開発エリアでは需要が高く、現場監督の仕事は安定しています。

長期的に安定した収入とキャリアを築けるのも、現場監督の大きな魅力のひとつです。

まとめ

現場監督の仕事は、確かに厳しいことも多いため、「地獄」と感じてしまうかもしれません。

しかし、その一方でやりがいや魅力が多いのも事実。適性がある人にとっては、充実感を得られる職業であると言えるでしょう。

体力やコミュニケーション能力、問題解決能力を持っている人は、現場監督の仕事でキャリアを積んでいくことができます。

大変な仕事であるからこそ、達成感を得られる場面や成長の機会も多く、充実した毎日を送ることができるでしょう。

関連キーワード

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事