施工管理の求人は嘘が多い?現場監督の求人の嘘を見極めるポイント

施工管理の求人には、しばしば誤解を招くような情報が含まれていることがあります。

実際、求人票に記載されている内容と実際に働き始めてからのギャップに悩んでいるという方も少なくないようです。

そこで今回は、施工管理の求人によくある嘘や、施工管理の求人に嘘が存在する理由、求人票の嘘を見極めるためのポイントを詳しく解説していきます。

求人情報を見極め、納得のいく就職・転職活動をおこなうために、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてくださいね。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

施工管理の求人によくある嘘

施工管理の求人には、残念ながら「嘘」と言われてもおかしくないような内容が含まれていることがあります。

施工管理の求人によくある嘘は、以下の3つです。

  • 給与を残業代込みで記載している
  • 残業時間が実態と全く違う
  • 休日の日数に有給が含まれている

それぞれ詳しく解説していきます。

給与を残業代込みで記載している

施工管理の求人で、「基本給⚪︎万円」ではなく「月給⚪︎万円」と表記されている場合は注意が必要です。

記載されている給与に残業代が含まれていて、実際には基本給自体が低く設定されていることがあります

給与を残業代込みで記載している場合、長時間の労働を前提とした給与体系になっており、実際の労働時間が非常に長くなる可能性も。労働時間と給与が見合っていないことも多く、結果的に不満を抱えることになってしまいます。

同じ業界の他の求人情報と比較することで、給与の妥当性を判断することが大切です。

※みなし残業と残業代は取り扱いが異なるため、混同しないように注意しましょう。

残業時間が実態と全く違う

求人情報に「残業は月に20時間程度」などと記載されている場合でも、実際にはそれを大幅に超える残業が発生することがあります。

施工管理の現場では、プロジェクトの進行状況に応じて残業が発生しやすくなります。そのため、求人情報に記載されている残業時間と実際の残業時間が大きく異なることも少なくありません

特に工期が厳しいプロジェクトやトラブルが頻発するような現場では、残業が常態化していることが多いです。

このような場合には、プロジェクトが落ち着いていて比較的残業が少ない時期の残業時間を記載していることがあります。

しかし実際には、そのような時期はわずかで、長時間の残業が必要なことの方が多いということが、施工管理には多いという現実があります。

休日の日数に有給が含まれている

求人情報に「年間休日120日」などと書かれていても、その中に有給休暇が含まれていることも。

この場合、実際の休日日数は記載よりも少なくなり、労働条件が「思っていたのと違う」と感じてしまう原因になります。

有給休暇は本来、年間休日とは別に付与される労働者の権利ですが、企業によっては有給休暇を含めた記載をしていることがあります。

年間休日の内訳を確認し、完全週休二日制であるか、有給休暇がどのように含まれているかを確認することが大切です。

また、施工管理の仕事は、休日がプロジェクトの進行に左右されることが少なくないため、事前にしっかりと確認しておくことが重要となります。

施工管理の求人に嘘が存在する理由

では、施工管理の求人にはなぜ嘘が存在してしまうのでしょうか。

施工管理の求人に嘘が存在する理由を2つ解説します。

求人に嘘を掲載しても重い罰則がないから

施工管理の求人において、誤解を招くような情報が掲載される理由のひとつに、法的な罰則が軽いことが挙げられます。

求人情報に虚偽の記載があったとしても、厳しい罰則が貸されることは少なく、企業側にとってのリスクが低いため、誤解を招く表現を使用するケースがあるのです。

職業安定法第65条では、「虚偽の求人広告をなし、又は虚偽の条件を提示して職業紹介、労働者の募集を行った者には6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金」が課せられますが、実際にはこのような罰金や懲役に至るケースはほとんどないようです。

求職者自身が疑わしい情報に対して注意を払い、詳細を確認するなどして、自分の身を守らなければならないのが実情です。

多少盛ってでも人を集めたいから

施工管理の業界では、慢性的な人手不足が続いています。

そのため、企業側は少しでも多くの応募者を集めたいと考え、求人情報を魅力的に見せようとします

多少盛ってでも、より多くの応募者を惹きつけようとする傾向があるのです。

このような状況では、求人情報の信ぴょう性が低下し、求職者にとっては不利な状況となってしまいます。

自分のキャリアに対して誠実な企業を見極めるために、求人情報を慎重に分析する必要があると言えるでしょう。

施工管理の求人の嘘を見極めるポイント

施工管理の求人の嘘を見極めるポイントは以下の通りです。

  • 求人情報に曖昧な表現がないか
  • 給与などの待遇が良すぎないか
  • 業務内容が具体的に書かれているか
  • 口コミサイトやSNSの評判が悪くないか
  • 企業の公式サイトや公式SNSなどの雰囲気が悪くないか

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

求人情報に曖昧な表現がないか

求人情報に曖昧な表現がないかを確認しましょう。

特にブラック企業では、求職者が求めている情報を曖昧な表現で記載する傾向があります。

仕事内容や基本給、諸手当、福利厚生などの情報が曖昧になっている場合には、注意が必要です。

明らかな嘘は掲載できないものの、人材確保のために企業側もさまざまな表現の工夫をこらしています。

実際の給与や労働時間、福利厚生などを正直に掲載してしまうと、応募が集まらない可能性が高いため、結果として曖昧な表現を使わざるを得ないのです。

企業の公式サイトや口コミサイトなどで情報を集め、曖昧な部分の実態を調査する必要があるでしょう。

給与などの待遇が良すぎないか

給与などの待遇が極端に良く記載されている場合にも注意が必要。その裏には、何かしらの問題が隠されている可能性があります。

特に、施工管理の求人においては、記載されている給与の中に残業代が含まれているために魅力的な金額になっていることも。給与の高さだけでなく、労働条件全体を確認して、業務内容に見合った報酬額が記載されているかをしっかりと見極めましょう

記載されている給与に疑問がある場合、面接時に基本給と手当の内訳や、残業代の計算方法、昇給やボーナスの支給基準などを具体的に質問することで、その給与が妥当であるかを判断できます。

また、他の企業の求人情報と比較することで、その企業の待遇が特別にいい理由がわかる場合もあります。

場合によっては、高い給与が長時間労働や厳しいノルマの裏返しであることも。慎重に情報を収集して見極めることが重要です。

業務内容が具体的に書かれているか

求人情報に記載されている業務内容が具体的であるかどうかは、見極めるための重要なポイントのひとつ。

記載されている業務内容が具体的であればあるほど、信頼性が高く、嘘がない求人である可能性が高くなります

「施工管理業務全般」のように書かれている場合、実際の業務範囲が非常に広範であることが多いので、注意が必要です。

反対に、具体的なプロジェクトの例や、どのような業務を担当するか、日々の業務の流れなどが詳細に記載されている求人情報は信頼性が高いと言えるでしょう。

求人票に精神論が多用されていないか

「やる気次第で給与アップ!」「チームワークを重視」などの精神論が多用されている求人情報にも注意しましょう。

具体的な評価基準やキャリアパスが示されていない場合、その企業の中での評価制度が不透明である可能性があります。

「やる気次第で給与アップ!」という表現は、一見すると前向きで魅力的に見えるかもしれません。しかし、具体的な昇給基準や評価基準が示されていない場合、その言葉の裏にある実態を確認する必要があります。

具体的な評価基準や昇給のプロセスについて詳しく面接で質問してみましょう。

ここで曖昧な表現でその場をやりすごそうとするような企業は、評価基準が曖昧だったり、実際には昇給ができなかったりといった可能性があります。

口コミサイトやSNSの評判が悪くないか

求人情報だけでなく、口コミサイトやSNSを活用して企業の評判をチェックすることも大切です。実際に働いている社員や退職した社員の声を参考にすることで、その企業の実態をより深く理解することができます

口コミサイトには社員の評価や意見が多数投稿されている場合も多く、企業の実態を把握するための貴重な情報源となります。

口コミサイトを活用する際には、複数の意見を参考にし、特に同じような意見が多く見受けられる場合、その意見が企業の実態を反映している可能性が高いと判断できます。

企業の公式サイトや公式SNSなどの雰囲気が悪くないか

企業の公式サイトや公式SNSをチェックすることで、企業の雰囲気や文化を知ることができます。

公式サイトには会社の概要、ビジョンやミッション、プロジェクトの事例が掲載されていることが多く、どのような価値観を持っている企業なのかがわかります。

企業のミッショにゃビジョンが明確に記載されている場合、その企業が何を重視しているのか、どのような方向性を目指しているのかを理解することができるでしょう。

また、プロジェクトの事例や成功事例などが記載されている場合、その企業の実績や信頼性を確認することができます。

これらの情報は、求人情報を見極めるだけでなく、志望動機を考える際や面接時にも役立ちます。企業研究も兼ねて、応募する企業の公式サイトやSNSなどは隅々までチェックしておくといいでしょう。

まとめ

施工管理の求人には、しばしば誤解を招くような情報が含まれていることがあります。

しかし、求人情報を慎重に見極めることで、嘘や誇張されている情報を見抜き、自分に合った職場を見つけることができるでしょう。

求人情報に曖昧な表現がないかや、給与や待遇が良すぎないか、業務内容が具体的に書かれているかなどをチェックし、自分の身は自分で守ることが大切です。

今回紹介した確認ポイントをおさえ、口コミサイトや公式SNSなどを活用しながら、納得のいく就職・転職活動をしましょう。

しかし実際は、求人情報を見ていても、どれが嘘でどれが本当かを見極めるのは難しいもの。

そんな時は転職エージェントを活用して効率的に自分に合った求人を見つけるという方法もあります。

建設業界の転職求人サイト「トントン」では、建設業界に関するさまざまな職種の求人を数多く掲載しています。建築・建設業界への就職・転職を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

関連キーワード

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事