管工事施工管理の仕事が「きつい」と言われる5つの理由とは?仕事内容ややりがいも解説

管工事施工管理の仕事は、業務量の多さや資格取得の難易度の高さ、休日の取りにくさなどから「きつい」と言われています。

また、施工管理の仕事は発注者の要望を現場に落とし込む必要があり、専門的な知識や技術が求められるなかで、人のマネジメントも重要な仕事の一つです。

多くの業務をこなす必要があり「きつい」と感じますが、管工事施工管理の仕事だからこその魅力ややりがいもあります。

この記事では、管工事施工管理の仕事が「きつい」と言われる理由や向いていない人の特徴、仕事の魅力などを詳しく解説します。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

管工事施工管理の仕事が「きつい」と言われる5つの理由

管工事施工管理の仕事がきついと言われる理由は、以下の5つです。

  • 仕事量が多い
  • 資格取得が難しい
  • 発注者や現場作業員とのコミュニケーションで疲弊する
  • 休日が取りにくい
  • 体力的にしんどいと感じる

それぞれ詳しく解説します。

仕事量が多い

管工事施工管理の仕事において、仕事量の多さが「きつい」と言われる理由の一つです。

管工事施工管理では、現場の進行状況を常に把握し、工程管理や品質管理、予算管理など多岐にわたる業務をこなす必要があります。また、突発的なトラブルにも迅速に対応する必要がありますし、現場作業後にデスクワークをすることも珍しくありません。

このように膨大な仕事量から残業や休日出勤になることもあるため、管工事施工管理の仕事が「きつい」と感じる人も多いでしょう。

資格取得が難しい

管工事施工管理の仕事において、特定の仕事を行うには国家資格である「1級・2級管工事施工管理技士」を取得する必要があります。

資格取得が非常に難しい点も「きつい」と言われる理由です。

試験は高度な知識と実務経験が問われ、合格率も決して高くありません。資格の保有が信頼の証となり仕事の幅を広げる一方で、取得に向けた勉強と仕事を両立させるのは大変です。

さらに、資格を維持するためにも、継続的な学習が求められます。このような高いハードルが、「きつい」と感じさせる要因の一つです。

発注者や現場作業員とのコミュニケーションで疲弊する

管工事施工管理の仕事は、発注者や現場作業員とのコミュニケーションが多いことも、「きつい」と言われる理由の一つです。

各関係者との意見調整や、問題発生時の対応には、高度なコミュニケーション能力が求められます。また、発注者と下請業者との間で板挟みになり、互いの意見を聞く役になる可能性もあります。

発注者の要望を正確に理解し、現場作業員に的確に伝えることは簡単ではありませんし、誤解やトラブルが生じやすく、その都度対応に追われることも少なくありません。

このようなコミュニケーションの難しさが精神的な負担となり、疲弊する原因となっています。

休日が取りにくい

管工事施工管理の仕事が「きつい」と言われる理由の一つとして、休日のとりにくさも挙げられます。

建設現場は、工期が厳しく設定されることが多く、スケジュールに遅れが出ないよう休日出勤や長時間労働も珍しくありません。また、トラブルが発生した場合には、たとえ休日でも管理責任者として急遽現場から呼び出される可能性もあります。

国土交通省の「建設業における働き方改革」によると、建設業の年間出勤日数は、全産業に比べて12日も多いことがわかっています。年間の実労働時間も68時間以上長いのが現状です。

休日を確保するための調整も難しく、これが長期的なストレスとなり、仕事の「きつさ」を感じる原因となります。

体力的にしんどいと感じる

管工事施工管理の仕事では、体力的にしんどいと感じる点も多いため、「きつい」と言われるのです。

現場での監督業務や定期的な巡回、資材の運搬など、肉体的にハードな業務が多くあります。特に夏場や冬場の厳しい気候条件下での作業は、体力的な消耗が激しくなるでしょう。

さらに、長時間の立ち仕事や移動も多く、疲労が蓄積しやすい環境です。体力が求められる仕事であり、その負担が「きつい」と感じさせる大きな要因となっています。

管工事施工管理の仕事が向いていない人の特徴

管工事施工管理の仕事が向いていない人の特徴は、以下の3つです。

  • チームワークを重視できない人
  • 積極的にスキルアップしようとしない人
  • 計画性がない人

それぞれ詳しく解説します。

チームワークを重視できない人

管工事施工管理の仕事は、チームワークを重視できる人でなければ向いていません。

なぜなら、施工管理の仕事において、多くの職人やエンジニアと協力しながら進めることが多く、他者との円滑なコミュニケーションが欠かせないからです。個々の作業が密接に関連し合うため、チーム全体の動きを理解し、協力する姿勢が求められます。

そのため、自己中心的で他人の意見を尊重できない人や、協調性に欠ける人は、この仕事で成功するのが難しいと言えるでしょう。

積極的にスキルアップしようとしない人

管工事施工管理の仕事では、積極的にスキルアップを目指す姿勢が求められます。

技術や規格は日々進化しており、新しい知識を常に取り入れなければなりません。最新の施工方法や法規制について学び続ける意欲がなければ、現場での信頼を得ることは難しいでしょう。

また、管工事施工管理の仕事で一人前になるには、国家資格である「1級または2級管工事施工管理技士」の資格を取得する必要があります。1級の資格を取得することで、会社にも大きく貢献できるのです。

資格取得や研修に積極的に参加しない人、現状に満足して成長を怠る人は、この仕事には向いていないと言えます。

計画性がない人

計画性がない人は、管工事施工管理の仕事に向いていません。

管工事施工管理の仕事は、工程の管理や資材の手配、予算の管理など、多くのタスクを効率よく進めるための綿密な計画が求められます。突発的な問題が発生することも多く、事前にリスクを予測し対策を立てる能力とトラブルに対して対処できる柔軟性も求められます。

計画性がないとプロジェクトが遅延し、コストがかさむ原因になるでしょう。現場をスムーズに進行させるためには、細部まで考慮した計画を立て、それを実行に移す力が不可欠です。

管工事施工管理の仕事がきついと感じた場合の対処法

管工事施工管理の仕事がきついと感じた場合の対処法は、以下の通りです。

  • 毎日少しずつ学習する習慣を作ってみる
  • 転職活動を行ってみる

それぞれ詳しく解説します。

毎日少しずつ学習する習慣を作ってみる

管工事施工管理の仕事がきついと感じたら、現在の知識やスキルを見直してみて、新たな知識を身につけたり技術を磨いたりする時間を毎日確保してみましょう。

管工事施工管理の仕事には、建設や電気、給排水など、さまざまな知識が必要です。そのため、覚えることの多さや必要になる知識量から、仕事がしんどいと感じる人も少なくありません。

膨大な量の仕事をこなすため大変ではありますが、毎日30分でも学習する時間を習慣づけると、知識が身につき仕事が徐々に楽しくなるでしょう。

転職活動を行ってみる

管工事施工管理の仕事をするなかで、どうしてもきつく辞めたいと思った場合は、同業または別業界への転職を検討してみましょう。

施工計画や安全管理、品質管理などの施工管理で身につけたスキルは、ほかの業界でも使えるスキルです。マネジメントのスキルを活かして、別業界で活躍できるでしょう。

また、同業界で転職活動を行うのであれば、建設業界に特化した転職サイトを活用するのがおすすめです。求人の多さから、自身が希望する働き方や目標にマッチした転職先が見つかる可能性が高くなります。

管工事施工管理の仕事の魅力ややりがい

管工事施工管理の仕事の魅力ややりがいは、以下の通りです。

  • 人材として希少価値が高い
  • 大規模建築や公共工事に関われる
  • 給料が比較的高い

それぞれ詳しく解説します。

人材として希少価値が高い

管工事施工管理の仕事には、希少価値の高い人材としての魅力があります。

管工事施工管理の仕事は、専門的な知識と技術を要するため、熟練したプロフェッショナルであればあるほど重宝されます。特に1級管工事施工管理技士のような高度な資格を持つことで、企業からの評価や信頼が高まるでしょう。

市場におけるニーズが高く、人材不足が叫ばれる中で、自分のスキルが貴重な資産となるのです。このような希少価値の高さは、自己の成長とキャリアの安定性に直結します。

大規模建築や公共工事に関われる

管工事施工管理の仕事は、どのような建設現場でも必要になるため、大規模建築や公共工事に関わる機会が多くあります。

都市のランドマークとなるビルや公共施設の建設に携わることで、自分の仕事が社会に与える影響を実感できます。例えば、新しい病院や学校の建設プロジェクトに参加することで、地域社会の発展に大きく貢献する仕事が可能です。

こうした大規模なプロジェクトに関わることは、技術者としての誇りを感じると同時に、大きな達成感を得られる瞬間でもあります。

給料が比較的高い

管工事施工管理の仕事では、いくつかの求人サイトを確認したところ、平均年収が500万円を超えています。

国税庁の発表によると、日本の給与取得者の平均が461万円ですので、日本平均よりも高いことになります。管工事施工管理の仕事は、専門性の高い技術と知識が求められるため、その分報酬も高く設定されているのです。

また、1級管工事施工管理技士として働く人のなかには、年収700万円を超える人もいるように、資格取得や経験を積むことでさらなる収入アップのチャンスがあります。

まとめ

管工事施工管理の仕事が「きつい」と言われる理由として、以下の5つを解説しました。

  • 仕事量が多い
  • 資格取得が難しい
  • 発注者や現場作業員とのコミュニケーションで疲弊する
  • 休日が取りにくい
  • 体力的にしんどいと感じる

管工事施工管理の仕事は、施工管理者のなかでも管工事に特化しており、身につけるべき知識も多くなります。

そのため、資格を取得するのも困難であり、仕事量も膨大になりがちです。「きつい」と感じる仕事ですが、人材としての貴重価値の高さや公共工事や大規模工事にたずさわれるやりがいもあります。

きついと感じる仕事ですが、管工事施工管理の仕事で培った知識やスキルは、多くの業界や会社で活かせるでしょう。建築営業から転職を検討する人は、建築関係専門の転職サイトである「トントン」を活用してみてください。

関連キーワード

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事