建築業界の営業職が「きつい」と言われる6つの理由とは?向いていない人の特徴も解説

建設業界の営業は、ノルマの厳しさや責任感の重さ、ヘイトの溜まりやすさなどから「きつい」と言われています。

ただし、建築営業だからこその魅力ややりがいもあるのです。

本記事では、建築営業がきついと言われる理由や建築営業に向いていない人の特徴、魅力・やりがいなどを詳しく解説します。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

建築業界の営業職が「きつい」と言われる6つの理由

建設業界の営業職が「きつい」と言われる理由には、以下の6つがあります。

  • 毎月のノルマがきつい
  • 社内・社外の付き合いが多い
  • 技術的な知識が欠かせない
  • 責任感が重い
  • 一つの仕事が完了するまで期間が長い
  • ヘイトが溜まりやすい

それぞれ詳しく解説します。

毎月のノルマがきつい

建築業界の営業職では、毎月のノルマが特に厳しく設定されることが珍しくありません。

建築業界はほかの業界と比べて一つの案件単価が非常に高く、顧客もそう簡単にお金を出してくれるものではないため、目標達成するのも大変になります。

ノルマを達成するだけでも難しいなかで、ノルマ未達成の場合、社内での評価が下がるだけでなく、ボーナスや昇進にも影響を及ぼす可能性があるためきついと言われます。特に大型プロジェクトを扱う場合は、一つの契約が成約するまでに時間がかかることが多く、目標達成が一層難しくなるのです。そのため、営業マンは常に効率よく仕事をこなす必要があり、ストレスが溜まりやすい環境に身を置いています。

社内・社外の付き合いが多い

建築業界の営業職は、社内外での付き合いが多い傾向にあり、取引先やクライアントとの関係を築くために、頻繁に会食やイベントへの参加を求められます。

また、社内の他部署との連携も重要であり、日々のコミュニケーションを欠かせません。このように、多くの人と関わる機会が多いことから、対人スキルや時間管理能力が求められます。これが営業職の負担となり、ときにはプライベートな時間を犠牲にしてしまい、きついと感じる人も多いのです。

技術的な知識が欠かせない

建築業界の営業職には、建築の専門的な知識が求められます。

顧客からの技術的な質問や要望に対応するためには、建築材料や設計、施工プロセスなどに関する深い理解が必要です。また、営業職であっても簡単なプランニングまで行うのが当たり前の会社や時代もありました。

建築の知識を身につけるには、常に最新の情報を学び続ける努力が必要です。技術的な知識が不足していると、クライアントからの信頼を失うだけでなく、誤った情報を提供するリスクも高まります。

営業職であっても技術的な知識が欠かせないことが、仕事を「きつい」と感じる理由の一つとなっています。

責任感が重い

建築業界の営業職は、一つの案件の金額が大きく、非常に重い責任感を感じる人も珍しくありません。

契約が成立すれば、それに伴うプロジェクトの進行状況やクライアントの満足度を常にチェックしなければなりません。また、プロジェクトが順調に進むかどうかは、営業の対応次第で大きく左右されることがあります。

トラブルが発生した場合には、迅速に対応し、解決策を見つけることが求められます。高額な案件が多く、顧客からの期待値も大きくなりがちですので、責任の重い仕事としてきついと感じるのです。

一つの仕事が完了するまで期間が長い

建築業界の営業職は、一つの仕事が完了するまでに長い期間を要します。

特に大型プロジェクトの場合、計画から施工、完成まで数年にわたることも珍しくありません。そのため、一つのプロジェクトに対するモチベーションを長期間維持することが求められます。また、途中で発生する問題や変更に柔軟に対応しなければならず、常に最新の状況を把握しておく必要があります。

これらの要因が、営業職を「きつい」と感じさせるのです。

ヘイトが溜まりやすい

建築業界の営業職は、顧客からのヘイトが集まりやすい職種でもあります。

クライアントとのやり取りや初期の打ち合わせを担当していたことで、 営業担当者は顧客からの印象が強くなります。そのため、プロジェクトがスムーズに進まない場合や、クライアントの期待に応えられなかった場合、営業担当がその矢面に立たされることは少なくありません。

また、施工管理に引き継いだあとも、クライアントとの打ち合わせで言った言わないのいざこざに巻き込まれることがあり、工事部門のヘイトを買うこともあるのです。

このようなクレーム対応やトラブル処理などが、日々の業務を一層「きつい」と感じさせる原因となっています。

建築会社の営業に向いていない人の特徴

建築会社の営業に向いていない人の特徴は、以下の3つです。

  • 建築や建設に興味がない人
  • ストレス耐性が低い人
  • コミュニケーションが苦手な人

それぞれ詳しく解説します。

建築や建設に興味がない人

建築や設計に興味がない人は、自ら学ぼうとする機会が少なくなり、顧客に対して適切な提案ができない可能性があるため、向いていないと言えます。

建築や建設の仕事では、建築プロジェクトに関する知識や最新の業界動向を把握することが求められます。興味がなければ、こうした情報を学び続けるモチベーションが維持できません。

また、クライアントに対しても熱意を持って説明することが難しくなります。興味があることで、自然に知識が増え、それが仕事の質に反映されます。逆に、興味がなければ仕事が苦痛となり、成果を上げるのも困難です。

ストレス耐性が低い人

建築営業はプレッシャーが大きく、顧客からの厳しい要求や競争の激しい環境であるため、ストレス耐性が低い人には厳しい環境と言えます。

建築営業の仕事は、常にプレッシャーの中で働くことが多く、ノルマ達成やクライアント対応に追われます。また、プロジェクトの進行状況に応じて柔軟な対応が求められるため、予測不可能な事態にも冷静に対処する必要があるのです。

ストレス耐性が低いと、こうした状況に適応するのが難しく、心身の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。そのため、ストレス耐性が低い人は、建築営業には向いていないと言えるでしょう。

コミュニケーションが苦手な人

コミュニケーションが苦手な人は、顧客のニーズを的確に把握できず、トラブルに発展する可能性もあるため向いていません。

顧客のニーズを把握できなければ、的確な提案ができませんし、顧客の疑問に答えることもできないでしょう。また、営業職では、クライアントや社内の他部署との連携が欠かせません。円滑なコミュニケーション能力が求められ、相手のニーズを正確に把握し、それに応じた提案を行うことが必要です。

コミュニケーションが苦手だと、信頼関係を築くのが難しく、結果として仕事の成果にも影響が出ます。

建築の営業がきついと感じた場合の対処法

建築の営業がきついと感じた場合の対処法は、以下の3つです。

  • 建築営業のきつい部分を明確にする
  • 仕事の優先順位を見直してみる
  • 転職活動をする

それぞれ詳しく解説します。

建築営業のきつい部分を明確にする

建築営業がきついと感じた場合、まずはその原因を明確にすることが大切です。

具体的には、以下のように、自分が特に辛いと感じる部分を洗い出しましょう。

  • ノルマの厳しさ
  • 長時間労働
  • クライアント対応のストレス
  • 技術的な知識不足 など

これにより、問題点を具体的に把握し、適切な対策を講じることが可能になります。原因を明確にすることで、具体的な改善策やサポートを求めやすくなり、負担を軽減するための第一歩を踏み出せます。

仕事の優先順位を見直してみる

多忙な建築営業では、どのタスクを最優先に取り組むかを明確にすることが重要です。

建築は、一つのプロジェクトの完成までのサイクルが長いため、タイムマネジメントで疲弊する人も少なくありません。まずは、緊急度と重要度の高い仕事を明確にして、優先的に取り組むことで、効率的に業務を進められます。

優先度の低いタスクに関しては、忘れないようにいつまでに終わらせるべきか可視化するのがおすすめです。優先順位を整理することで、業務の見通しが立ち、精神的な負担も軽減されるでしょう。

転職活動をする

どのような対策を講じても建築営業の仕事がきついと感じる場合、転職活動を考えるのも一つの方法です。

新しい職場環境や職種で、自分に適した働き方を見つけられるかもしれません。自分のスキルや経験を生かせる業界や職種を探し、キャリアコンサルタントのアドバイスを受けることも有効です。転職活動を通じて、自分に合った職場を見つけることで、仕事に対するストレスを大幅に減らせるでしょう。

建築の営業の魅力ややりがい

建設営業の仕事における魅力ややりがいとして、以下の3つが挙げられます。

  • 大きな達成感を味わえる
  • 社会への貢献度が大きい
  • 多様なスキルを身につけ活用できる

それぞれ詳しく解説します。

大きな達成感を味わえる

建築の営業職は、大きな達成感を味わえる魅力的な仕事です。

顧客と一緒に計画を立て、契約を結び、プロジェクトが無事に完成したときの達成感は格別です。

営業職としては、クライアントとの交渉や提案が成功し、契約が成立したときの喜びもひとしおでしょう。さらに、建物が完成し、多くの人々に利用される光景を目の当たりにすると、自分の努力が社会に貢献している実感を得られます。このような達成感は、ほかの職種ではなかなか得られない特別なものです。

社会への貢献度が大きい

建築営業の魅力の一つとして、社会への貢献度が大きい点が挙げられます。

建築物は都市の景観を形作り、人々の生活に大きな影響を与えます。また、自分が携わったプロジェクトが地域社会に役立ち、多くの人々の生活を豊かにすることを実感できるのは、非常にやりがいがあるでしょう。

学校や病院、商業施設など、様々な建物が社会のインフラを支えていると考えると、その貢献度の高さを感じられます。このように、建築営業の仕事を通じて、社会全体にポジティブな影響を与えられるのは、大きなやりがいと言えます。

多様なスキルを身につけ活用できる

建築営業では、以下のような多岐にわたるスキルを身につけ、実際に活用できる職種です。

  • 技術的な知識
  • マーケティングスキル
  • 交渉力
  • プレゼンテーション能力 など

技術的な知識はもちろん、プレゼンテーション能力や交渉力も必要とされます。さらに、クライアントとのコミュニケーションやプロジェクト管理など、多岐にわたるスキルを磨けます。

これらのスキルは、建築業界だけでなく、ほかの業界でも応用可能です。多様なスキルを活用し、日々の業務に取り組むことで、自己成長を実感できるのも魅力の一つです。

まとめ

建設業界の営業職が「きつい」と言われる理由として、以下の6つを解説しました。

  • 毎月のノルマがきつい
  • 社内・社外の付き合いが多い
  • 技術的な知識が欠かせない
  • 責任感が重い
  • 一つの仕事が完了するまで期間が長い
  • ヘイトが溜まりやすい

営業職はどの職種でもノルマがあり、ノルマ達成は簡単ではありません。しかし、建設業界になると、一案件の金額が高額になりますし、プレッシャーも大きくなります。

大変しんどい仕事ではありますが、建築業界の営業として培った知識やスキルは、多くの業界や会社で活かせるでしょう。建築営業から転職を検討する人は、建築関係専門の転職サイトである「トントン」を活用してみてください。

関連キーワード

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事