ハウスメーカーから転職!設計スキルが活かせる職種6選

ハウスメーカーでの設計経験を持つ方が、さらなるキャリアアップや新たなチャレンジを求めて転職を考えることは少なくありません。

設計スキルはさまざまな職種で活かすことができ、キャリアの幅を広げていくことができます。

そこで今回は、設計スキルを活かして働ける職種を6つ紹介。ハウスメーカーからの転職のメリットや、転職を成功させるために押さえておきたいポイントについても解説しています。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

設計スキルが活かせる職種6選

設計スキルを持つハウスメーカー経験者の転職におすすめの職種は以下の6つです。

  • 施工管理
  • 工事士
  • 構造計算
  • 積算
  • 不動産営業
  • 現場作業員(職人)

それぞれ詳しく解説していきます。

施工管理

施工管理は、建設プロジェクトの進行を管理する職種です。設計図を元に、現場での作業が計画通りに進むよう調整し、品質や安全性を確保します。

設計スキルを持っていることで、現場での急な設計変更や技術的な課題に対して適切に対処できるようになります。

施工管理の具体的な業務には、工事の進捗確認や作業員の配置、建設資材の手配、安全管理などが挙げられます。

これらの業務を効率的におこなうためには、設計図の読み取り能力と現場での経験が必要不可欠です。

施工管理には設計者と同様に、コミュニケーション能力が求められます。

作業員やクライアント、設計者など、さまざまな関係者と円滑に連携し、情報を共有することで、プロジェクトをスムーズに進める役割を担っています。

工事士

工事士とは、電気設備の工事や取り扱いをおこなう国家資格のこと。建物や設備の電気配線や機器の設置、保守などをおこないます。

設計図をもとにして電気工事をおこなうため、設計の知識があることで設計の意図を理解しやすく、問題が発生した際にも迅速に対応できます。

電気工事士の具体的な業務としては、電気配線の敷設や電気機器の設置、配電盤の組み立てや点検などがあります。

これらの作業をおこなうためには、設計図を正確に理解し、電気の流れや負荷を計算する能力が求められます。

工事士は、安全性に対する深い理解と注意が必要。電気工事の場合は特に危険なため、安全基準を遵守し、適切な安全対策を講じることが重要です。

また、新しい技術や機器の導入が日々進むなかで、常に最新の知識とスキルを学び続ける必要があります。

新しいことを取り入れたり学んだりするのが好きという人には、適した職種と言えるでしょう。

構造計算

構造計算は、建物の安全性を確保するために必要な職種。建物の設計図をもとに、その建物がどのような力に耐えられるかを計算し、強度や耐震性を確認します。

設計スキルを持っていることで、構造計算の際に設計意図を理解しやすく、適切な計算をおこなうことができるでしょう。

設計と構造計算の両方を理解している専門家は、業界で重宝される人材になります。

構造計算の業務には、材料の選定や荷重の計算、地震や風などの外力に対する耐久性の評価などがあります。これらの計算結果は、設計図に反映されるため、設計者との密なコミュニケーションが欠かせません。

構造計算の専門家としてのスキルを磨くことで、より複雑な建物の設計にも対応できるようになるでしょう。

積算

積算とは、建設プロジェクトの予算を見積もる職種のことです。設計図をもとに、必要な材料や工事費用を算出します。

設計スキルを持つ積算士は、設計意図を理解したうえで正確な見積もりを作成することができ、無駄のない予算計画を立てられるでしょう。また、設計の段階でのコスト削減の提案などもでき、優秀な人材として評価してもらえる可能性があります。

積算の業務には、材料の数量計算や単価の設定、全体予算の作成などがあります。これらの業務をおこなうためには、設計図を詳細に理解する能力と、市場の価格動向を把握する知識が必要。

設計経験者が、積算士としての経験を積むことで、コスト管理のスペシャリストとしてのキャリアを築くことができるでしょう。

積算士は、プロジェクトの初期段階から関わることが多く、その役割はプロジェクトの成功に直結するほど重要なものです。

正確な見積もりを出すために、積算士は市場の動向を常にチェックし、材料費や労務費などの変動に柔軟に対応することが求められます。

不動産営業

不動産営業は、物件の売買や賃貸をおこなう職種。

設計スキルを持っていることで、物件の特徴やメリットなどをより具体的に説明することができ、顧客の信頼を得やすくなるでしょう。

不動産業界では、設計の知識がある営業担当者は希少であり、その分価値が高いと言えます。

不動産営業の業務には、物件の紹介のほか契約の締結、アフターフォローなどがあります。設計スキルを持つことで、顧客のニーズに合わせた提案ができるので、成約率の向上につながるでしょう。

不動産営業は、マーケティングスキルや交渉能力も必要。市場の分析や物件のプロモーション戦略を駆使して、最適なタイミングで顧客に物件を紹介します。

また、顧客のニーズを的確に把握し、それに応じた提案をおこなうことで、顧客満足度を高めることができるでしょう。

現場作業員(職人)

現場作業員(職人)は、建設現場で実際に作業をおこなう職種。設計図をもとに、建物を具体的に形にしていく役割を担っています。

設計スキルを持っていることで、設計図の意図を正確に理解し、より高品質な作業をおこなうことができるでしょう。

また、設計段階での問題点を指摘し、改善策を提案することもできます。

設計の知識がある現場作業員は、現場でのリーダーシップを発揮しやすく、他の作業員とのコミュニケーションも円滑に進めることができるでしょう。

現場作業員の業務には、設計図を正確に読み取る能力が求められます。

設計スキルを持っていることで、設計図を正確に読み取り、設計者の意図が理解できるので、現場の信頼を得ることができるでしょう。

現場作業員(職人)は、手先の器用さや体力が求められます。

複雑な作業を正確におこなうための技術と、長時間にわたる労働に耐えるための体力が必要です。

また、現場での安全意識も重要で、安全対策を徹底し、自分自身や他の作業員の安全も守らなければなりません。

設計スキルを持つ現場作業員は、設計図に基づいた高品質な作業をしながら、安全かつ効率的にプロジェクトを進行させることができるでしょう。

ハウスメーカーから転職するメリット

ハウスメーカーでの経験を活かして転職をすることには、さまざまなメリットがあります。

設計スキルのある人がハウスメーカーから転職する主なメリットは以下の3つ。

  • 設計スキルを活かしてキャリアアップできる
  • 年収アップの可能性がある
  • ワークライフバランスが改善される可能性がある

ひとつずつ順番に解説していきます。

設計スキルを活かしてキャリアアップできる

ハウスメーカーで培った設計スキルを活かして、より専門性の高い職種や役職に就くことができます

例えば、設計スキルを活かして施工管理や構造計算などの専門職に転職することで、キャリアの幅を広げることができるでしょう。また、新たな環境での経験を積むことで、さらなるキャリアアップが期待できます。

設計スキルを活かしてキャリアアップするためには、自分のスキルを磨き続けることが大切。新しい技術や知識を積極的に学び、自己研鑽を続けることで、より高い専門性を身につけることができます。

年収アップの可能性がある

ハウスメーカーからの転職によって、年収アップを実現することも可能です。

特に、設計スキルを持つ専門職は需要が高い傾向にあります。

また、経験を積んで実績を重ねることで、さらなる昇給のチャンスも増えます。

転職活動を通じて、自分の市場価値を見極めましょう。

年収アップを目指すには、自分のスキルや経験を適切に評価してもらう必要があります。面接時には、具体的な実績や成果をアピールしましょう。

ワークライフバランスが改善される可能性がある

ハウスメーカーでの仕事は、時に忙しく、長時間労働が求められることも少なくありません。

転職によって、より働きやすい環境や柔軟な働き方を実現できる可能性があります。

フレックスタイム制やリモートワークを導入している会社に転職することで、ワークライフバランスが大きく改善されるでしょう。自分のライフスタイルに合った働き方を探している人は、転職を検討してみるのもひとつの手であると言えます。

ワークライフバランスを改善するためには、転職先の企業文化や働き方を事前に調査することが大切。企業のホームページや口コミサイトなどを活用し、社員の声や働き方の実態をチェックしましょう。

柔軟な働き方ができる企業であれば、仕事とプライベートのバランスを取りながら、充実した生活を送ることができるでしょう。

建設業界以外のおすすめの転職先

建設業界以外にもおすすめの転職先がいくつかあります。

ハウスメーカーの設計職からの転職で、建設業以外におすすめなのは以下の4つです。

  • 公務員
  • 製造業
  • 営業
  • Web関連業

それぞれ詳しく見ていきましょう。

公務員

公務員は安定した職種であり、景気の影響を受けにくい点が魅力です。

定期的な昇給や退職金が見込まれるため、将来の生活設計がしやすくなります。

公務員には、地方自治体の職員や国家公務員、警察官、消防士などのさまざまな職種が存在しています。

なかでも、設計職として培った経験を活かすなら、都市計画やインフラ整備などの分野の技術系公務員がおすすめです。

さらに、公務員として働くことで、公共の利益に貢献するというやりがいを感じることができるでしょう。

都市計画やインフラ整備などで、暮らしやすい街づくりや安全性・利便性の向上に貢献していることを実感できるでしょう。

製造業

製造業では、設計職での技術や管理能力を活かすことができる可能性があります。

精密機器の設計や生産ラインの管理、品質保証など、幅広い分野でそのスキルを活かすことができるでしょう。

近年は、製造業であってもリモートワークやフレックスタイム制度が導入されている企業もあり、ワークライフバランスを重視したい人にとってもおすすめの業界と言えます。

製造業では、技術の進化が日々進んでいます。設計職の経験を持つ人材は、新製品の開発などに携われる可能性も。

製品の設計や、製造プロセスの自動化や効率化を図るなど、重要な役割を任せてもらえるかもしれません。

営業

営業職は、顧客とのコミュニケーションが中心であり、設計職で培った交渉力やプレゼンテーション能力、コミュニケーション能力を活かすことができます。

営業職は成果主義が多く、自分の努力や成果が直接評価につながるため、モチベーションを保ちやすい職種です。

優れた営業成績を残すことで、マネジメント職への昇進や専門職としてのキャリアを築いていくことができるでしょう。

設計職としての経験があることで、売りたい商品やサービスの技術的な側面を理解し、顧客に対してより説得力のある説明が可能になります。

また、営業職はチームでの協力が求められることも少なくありません。設計職で培ったプロジェクト管理能力や問題解決能力を活かすことができます。

Web関連業

Web関連業と一言で言っても、その職種はさまざま。

Webデザインやプログラミング、デジタルマーケティングなど、幅広い分野で活躍の可能性があります。

デジタルスキルに自信があるのであれば、Web関連業への転職や、独立してフリーランスとして活動できる可能性もあります。

Web関連業の多くは、リモートワークやフレックスタイム制度が充実しているので、柔軟な働き方を実現できるでしょう。

Web関連業は、今後も成長が期待される産業であり、そのキャリアパスも多岐にわたります。

ハウスメーカーからの転職を成功させるためのポイント

ハウスメーカーからの転職を成功させるために、押さえておきたいポイントがいくつかあります。

  • 転職先に求める条件を洗い出す
  • 自分のスキルや経験の棚卸しをする
  • 応募企業ごとに志望動機を変える
  • 転職エージェントに相談する

ひとつずつ順番に見ていきましょう。

転職先に求める条件を洗い出す

まず、自分が転職先に求める条件を明確にしましょう。

給与や勤務地、働き方など、自分の優先順位を洗い出すことで、転職活動をスムーズに進めることができます。

転職先に求める条件を洗い出すためには、自己分析が欠かせません。

自分のキャリアのゴールや理想の働き方を具体的にイメージし、それに基づいた優先順位を設定しましょう。

例えば、将来的にどのようなポジションに就きたいのかや、どのようなスキルをさらに伸ばしていきたいのかなどを考え、それを実現できそうな企業や職種を選ぶことが大切です。

また、家族やプライベートの状況なども考慮し、自分にとって最適な働き方を見つけることが大切です。

自分のスキルや経験の棚卸しをする

実際に転職活動を始める前に、自分のスキルや経験を棚卸ししてみましょう。

スキルや経験の棚卸しとは、これまでの業務で得た知識や技術を整理し、自分の強みを明確にすることです。

過去に携わったプロジェクトや実績を具体的に振り返ることで、面接でのアピールポイントを見つけることもできるでしょう。

スキルや経験の棚卸しをする際には、これまでの仕事内容や役割、達成した成果を書き出し、それぞれのスキルが今後どのように役立つかを考えましょう。

また、強みだけでなく、改善すべき点や今後伸ばしていきたいスキルについても整理することで、転職先での成長計画を立てることができます。

棚卸しを通じて、自分の価値を再認識し、自信を持って転職活動に臨むことができるでしょう。

応募企業ごとに志望動機を変える

転職活動の際は、応募する企業ごとに、志望動機をしっかりと考えましょう。

企業の特徴や求める人材像に合わせて、自分がどのように貢献できるかを具体的に伝えることが大切です。

企業研究をおこない、企業のビジョンや価値観に共感するポイントを見つけることで、より説得力のある志望動機を作成することができるでしょう。

志望動機を作成する際には、企業のウェブサイトやプレスリリース、業界誌などを活用し、企業や業界の最新情報を把握しましょう。

また、同じ業界で働く知人などを通じて内部情報を収集するのも有効。企業の強みや課題を理解したうえで、自分のスキルや経験がどのように活かせるかを具体的に説明することで、採用担当者に対するアピール度が高まるでしょう。

転職エージェントに相談する

転職エージェントに相談することで、専門的なアドバイスを受けることができます

転職市場の動向や、応募企業の情報を提供してくれるため、自分に合った転職先を見つけやすくなります。

また、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策などのサポートが受けられることもあるため、転職活動がスムーズに進むでしょう。

転職エージェントを活用する際には、自分の希望条件やキャリアプランを具体的に伝えることが重要です。

エージェントは、ニーズに合った求人を紹介し、応募書類の作成や面接の練習をサポートしてくれます。

信頼できるエージェントを見つけ、積極的に活用することで、転職活動をより効果的に進めることができるでしょう。

まとめ

ハウスメーカーで培った設計スキルは、さまざまな職種で活かすことができます。

転職をすることで、年収アップやキャリアアップにつながる可能性があるなど、多くのメリットがあります。

転職を成功させるためには、自分のスキルや経験を理解し、志望動機をしっかり考えることが大切です。

転職エージェントのサポートを受けることで、より効率的な転職活動が可能になるでしょう。

建設業界の転職求人サイト「トントン」では、建設業界に関するさまざまな職種の求人を数多く掲載しています。建築・建設業界への就職・転職を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

関連キーワード

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事