現場所長が怖い5つの理由!上手な付き合い方や怖さの克服法も解説

建設工事現場で働く人にとって、「現場所長が怖い」と感じるのは珍しいことではありません。その「怖い」という気持ちが時に仕事のパフォーマンスに影響を与えてしまうこともあるでしょう。

しかし、現場所長が「怖い」と感じるのには理由があり、適切な対処方法を知ることで、関係性を円滑に保つことができます。

そこで今回は、「現場所長が怖い」と言われる理由と、その怖さを克服する方法、上手な付き合い方について詳しく解説します。

「現場所長が怖い」と感じている方や、「部下に怖いと思われていないかな?」と心配になっている現場所長の方にも参考になるような内容をまとめました。

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

現場所長が怖いと言われる理由

現場所長が怖いと言われるのには、いくつかの理由があります。

主な理由として挙げられるのは以下の5つです。

  • 声が大きく語調がきつくなりがち
  • 現場をまとめる立場であるため厳格になりがち
  • 怒鳴られた・怒っている姿を見てしまった
  • 予算や納期の兼ね合いでイライラしている
  • 進捗確認や品質管理が詰められているように感じる

ひとつずつ順番に詳しく解説していきます。

声が大きく語調がきつくなりがち

現場所長は、多くの作業員や関係者とコミュニケーションを取る必要があるため、声が大きくなりがち

特に現場の騒音が多い場合や、広範囲に指示を伝える必要がある場合には、自然と声が大きくなってしまいます。

また、指示や注意をする際に、語調がきつくなることも少なくありません。現場では、迅速かつ正確な指示が求められるため、語調が強くなることが避けられない場面も。

このような態度が、作業員や関係者に威圧感を与えてしまい、「怖い」と感じる原因になっているのです。

現場所長の声の大きさや語調のきつさは、真剣に仕事に取り組んでいるからこそであることがほとんど。現場の安全と効率を確保するためには、どうしても強い態度を取らざるを得ない場面があります。

その厳しい態度の背景には、現場全体を成功させたいという強い意志があることを理解しておきましょう。

現場をまとめる立場であるため厳格になりがち

現場所長は、現場全体をまとめる立場にあり、作業の進行管理や安全管理など、非常に多くの責任を背負っています。

現場所長の厳格さは、現場の安全性や作業の品質を維持するために欠かせないもの。

現場には、多くのリスクが存在し、ひとつのミスが重大な事故につながってしまうこともあります。そのため、現場所長は細心の注意を払って現場を管理し、時には厳しい態度を取ることがあります。

この厳しい態度が、作業員にとってプレッシャーとなり、「怖い」と感じさせることがあります。

しかし、このような現場所長の態度は、現場全体の成功と安全を確保するためのものであり、個々の作業員を攻撃するものではないということを理解しましょう。

怒鳴られた・怒っている姿を見てしまった

建設現場では、トラブルやミスが発生することは少なくありません。

そんな時に、現場所長が怒鳴ったり怒ったりしている姿を見ると、自然と「怖い」と感じてしまうことがあります。

特に、直接怒鳴られた経験がある場合、その印象が残り、恐怖心が増してしまいます。

怒鳴っている現場所長の姿は、一見すると威圧的ですが、そこには工事を円滑に進めたいといった強い責任感があります

現場所長は、多くの人の安全を守り、プロジェクトの成功を果たすために、時に厳しい態度を取らざるを得ないことがあるのです。

恐怖心を和らげるためには、現場所長が何に対して怒っているのかを理解し、同じミスを繰り返さないように努めることが大切です。

予算や納期の兼ね合いでイライラしている

建設工事は、ただ安全に工事を終わらせられればいいというものではありません。決められた予算や納期の中で、品質の高い工事をしなければならないのです。

このようなプレッシャーのなかで仕事をしている現場所長は、イライラしたり神経質になったりしてしまうことがあります。

このような状況で接すると、現場所長の態度が一層厳しく感じられ、「怖い」と感じることになるでしょう。

予算の制約や納期のプレッシャーは、現場所長にとって大きな負担となっているのです。

現場所長のイライラが予算や納期の兼ね合いから来るものである場合、個々の作業員に対する個人的な感情で怒っている訳ではないということを理解しましょう。

多くのプレッシャーの中で仕事をしているということを理解し、現場所長の立場にたって考えることで、適切な対応を取ることができます

進捗確認や品質管理が詰められているように感じる

現場所長は、工事の進捗状況や品質を厳しくチェックします。

その際の質問の仕方や指摘の内容が詰められている(詰問されている)ように感じることがあります。

このような状況では、現場所長の指示がプレッシャーとなり、「怖い」と感じてしまうでしょう。

現場所長は、建設工事の成功のために細部まで確認しなければならないため、このような態度になってしまいます。

進捗の確認や品質管理は、プロジェクトの成功を左右する重要なものなのです。

現場所長への恐怖心を克服する方法

現場所長が「怖い」と感じるのにも、さまざまな理由があることがわかりました。

では、現場所長への恐怖心を克服する方法はあるのでしょうか。

現場所長への恐怖心を克服するための以下の3つの方法を紹介します。

  • 自分も同じ目線で物事を考えるようにする
  • ツッコミどころがないように完璧な仕事を心がける
  • コミュニケーションを取って慣れるようにする

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

自分も同じ目線で物事を考えるようにする

現場所長の立場や責任の重さを理解することで、その行動や言動の背景にある理由を知ることができます

現場所長がなぜ厳しい態度を取るのか、その理由を理解することで、恐怖心が和らぐ場合があります。

現場所長の厳しさは、現場の成功を目指すためのものであり、個々の作業員の成長を期待してのことであると理解しましょう。

また、現場所長がどのようなプレッシャーにさらされているのかを理解すると、その言動に対する理解も深まり、自分の役割や責任についても再確認できるでしょう。

ツッコミどころがないように完璧な仕事を心がける

現場所長に信頼されるためには、完璧な仕事を心がけることが重要。

そもそもツッコミどころがなければ、現場所長も怒る必要がありませんよね。

ミスを減らし、確実に作業を進めることで、現場所長からの信頼を得ることができます。

信頼されることで、厳しい指摘や注意が減り、恐怖心も薄れていくでしょう。

完璧な仕事を心がけるということは、自分自身の成長にもつながり、現場所長からの評価も向上します。

また、仕事の質を上げるためには、自己管理能力を上げる必要があります。作業の優先順位をつけ、計画的に進めることで、効率的に仕事を完了させることができます。現場所長からの指示を的確に理解し、実行することで、怒られることも少なくなるでしょう。

コミュニケーションを取って慣れるようにする

現場所長とのコミュニケーションを積極的に取ることで、その人の人間性や考え方を知ることができます

日常的に話をすることで距離が縮まり、恐怖心も徐々に薄れていくでしょう。

コミュニケーションを通じて現場所長との信頼関係を築くことが大切です。

現場所長と話をする際には、適切なタイミングを見計らうことが重要。忙しい時や緊張している時に話しかけると、かえって相手をイラつかせてしまうことにもなりかねません。

リラックスしている休憩時間などに話しかけることで、より良いコミュニケーションが取れるでしょう。

怖い現場所長との上手な付き合い方

怖い現場所長は案外多いもの。上手に付き合っていきたいですよね。

怖い現場所長との上手な付き合い方を4つ紹介します。

  • ミスはちゃんと報告する
  • 積極的に相談をしてみる
  • 仕事以外の話をしてみる
  • 挨拶をきちんとする

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

ミスはちゃんと報告する

ミスを隠すことなく、正直に報告することが大切です。

小さなミスだからと報告を怠ると、あとで大きな問題に発展することもあるため、正直さを大切にしましょう。

現場所長に対して正直であることは、信頼関係を築くうえで非常に重要です。

ミスを報告する際には、原因と対策を具体的に説明するといいでしょう。現場所長に対して、問題解決への意欲と能力を示すことで、信頼を得ることができます。

また、ミスを報告するということは、同じミスを自分や他の作業員が繰り返さないための改善策を全体で共有することにもつながります

積極的に相談をしてみる

現場所長に対して、積極的に相談を持ちかけることで、アドバイスや意見を聞くことができます。

相談を通じて現場所長の知識や経験を学び、自分自身の成長につなげることができるでしょう。相談をすることで、現場所長との信頼関係を深めることにもつながります。

相談をしていくなかで、現場所長の自分に対する期待や要求を知ることができ、それに応えるためにどのような努力をしたらいいかが見えてくるでしょう。

仕事以外の話をしてみる

仕事以外の話をしてみることで、現場所長との距離を縮めるのもひとつの方法。

趣味や家族の話など、プライベートな話題を通じて、現場所長の人間的な一面を知ることができます。

このようなコミュニケーションを取ることで、現場所長に対する恐怖心も和らぐでしょう。

お互いの人間性を理解し合うことで、仕事上のコミュニケーションも円滑になり、パフォーマンスの向上にもつながります

挨拶をきちんとする

基本的なことですが、挨拶をきちんとすることはとても大切なことです。

挨拶はコミュニケーションの基本であり、現場所長との関係を良好なものにするための第一歩です。

毎日元気に挨拶をすることで、現場所長の信頼を得ることにもつながるでしょう。

現場所長との挨拶を通じて、日々のコミュニケーションが円滑になり、良好な関係を築くことができます。

まとめ

現場所長が「怖い」と感じる理由はさまざまですが、その多くは現場所長の責任や役割が原因となっています。

恐怖心を克服するためには、現場所長の立場を理解し、積極的なコミュニケーションを取ることが重要です。

しかし、いくら恐怖心を克服する方法を試してみても、うまく行かないこともあるでしょう。

お互い人間なので、合う合わないがあるのは仕方のないこと。どうしても無理だと思ったら、転職を考えてみるのもひとつの方法です。

関連キーワード

・転職後に収入380%の実績アリ!
・有名企業の限定求人情報を紹介!
・転職の不安をアドバイザーがヒアリング!

トントンでは、建設業に特化したプロのアドバイザーが 皆さんの転職を徹底サポート!
転職活動に関わる面倒ごとを、 完全無料でサポートいたします!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事