塗装工事とは?工事の種類から関連する代表的な資格までわかりやすく紹介!

建物の美観と機能を長期間に渡って保つためには、塗装工事が必要不可欠です。

塗装工事と一言で言っても、さまざまな種類や工事の方法があります。これから塗装工事の仕事に就きたいと考えていても、どのような塗装に携わりたいかを明確にイメージできていないという方も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回この記事では、塗装工事の基本から、その種類、住宅の外壁塗装工事の流れ、さらに塗装工事に関連する資格について、わかりやすく解説します。

ぜひ最後まで読んで将来の選択肢として、塗装工事に携わることを具体的に検討してみてはいかがでしょうか。

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

塗装工事とは

塗装工事は、建物や構造物の表面に塗料を塗布することで、表面の保護や美観を向上させるために必要な作業。建物の耐久性を高め、外観を美しく保つためにおこなわれる工事です。

塗装工事には、実際に塗装する建物や構造物、さらには使用する塗料の種類や施工方法によって多様な種類があります。

塗装工事は、単に塗料を塗るだけではなく、建物を様々な外的要因から守るという重要な役割を担っています。

例えば、塗装工事をおこなうことで紫外線や雨水、化学物質から建物を保護し、長期にわたってその機能を維持することが可能です。また、塗装は建物の美観を大きく左右する要素であり、不動産の価値を高める効果もあります。

さらに、塗装工事は建物の寿命を延ばすことにもつながるため、修繕コストの削減にもつながります。

塗装工事の種類

塗装工事には以下のようにさまざまな種類があり、それぞれに特徴や用途が異なります。

  • 塗装工事
  • 溶射工事
  • ライニング工事
  • 布張り仕上げ工事
  • 鋼構造物塗装工事
  • 路面標示塗装工事

これらの主な塗装工事の種類とその特徴について、詳しく見ていきましょう。

塗装工事

一般的な塗装工事は、住宅やビル、橋梁などの外壁や内壁に塗料を塗る作業です。

使用する塗料には、水性塗料、油性塗料、特殊塗料などがあり、塗装の対象となる建物や構造物の素材や用途によって最適なものが選ばれます。

例えば、屋外で使用する場合は耐候性や耐水性に優れた塗料が選ばれ、内装では無害で環境に優しい水性塗料が好まれる傾向にあります。

塗装工事は、建物の外観を一新するだけでなく、防水や断熱といった機能性を向上させることも可能です。

溶射工事

溶射工事は、金属やセラミックの粉末を高温で溶かし、表面に吹き付けてコーティングする技術です。

耐摩耗性や耐熱性を高めるために用いられ、建物の基礎部分や工業用途での塗装工事に多く見られます。

この工法は、特に高温や摩耗が激しい環境で使用される機械部品の耐久性を向上させるのに適しています。

溶射工事によって施されたコーティングは、通常の塗装では実現できない強度と耐久性を実現し、極端な環境下でも機能を維持することができるのです。

ライニング工事

ライニング工事は、ビルやマンションなどの給排水間の内部に特殊な塗料やライニング材を施工することで、腐食や化学反応を防ぐ工事のこと。

ライニング工事をすることで、配管やタンクの内側を痛めるのを防ぎ、長期にわたる安全な使用を可能にします。

布張り仕上工事

布張り仕上工事は、壁や天井に布を張り、その上から塗装を施す技術です。

布張り仕上工事をすることで内装の美観を高めるのはもちろん、防音や断熱などの性能を高める効果も期待できます。

この方法は、特にホテルや映画館、コンサートホールなどの施設で好まれ、高級感ある仕上がりを実現。布張り仕上げによって、空間に温かみと豊かな質感をもたらし、内装のデザインを一層引き立てることができます。

鋼構造物塗装工事

鋼構造物塗装工事は、橋梁や鉄塔などの鋼構造物に特殊な塗料を塗る工事のことです。

鋼でできた構造物の錆びや腐食を防ぎ、構造物の寿命を延ばすためにとても重要な工事です。

特に、海辺や化学物質が多い環境にある構造物には、高度な耐腐食性を持つ塗料が用いられます。

鋼構造物塗装工事は、橋梁や鉄道、高層ビルなどの大規模な構造物において、その耐久性と安全性を保つために必要不可欠な工事です。

路面標示工事

路面標示工事は、道路の路面に塗料を用いて標示を施す工事です。普段目にすることの多い、横断歩道や制限速度などの路面標示の塗装がこれに当たります。舗装工事と混同されがちですが、路面標示工事は塗装業者が担う工事です。

路面標示工事は、交通安全を確保するために必要不可欠で、耐久性や視認性に優れた塗料が使用されます。

この工事は、道路の安全性を高めるために、定期的に行われることが多いです。路面標示は、ドライバーや歩行者にとってとても重要な情報を提供し、交通事故の防止に大きく貢献しています。

塗装工事の流れ

塗装工事には、その種類によってさまざまな方法があります。ここでは、代表的な塗装工事である、住宅の外壁塗装の工事の流れについてご紹介します。

住宅の外壁塗装は、家の美観を保ち、構造を守るためにとても重要な工事。以下のようにさまざまな工程があります。

  1. 足場の設置
  2. 養生
  3. 高圧洗浄・素地調査
  4. 塗装
  5. 足場の解体・片付け

住宅の外壁塗装工事の一般的な流れについて詳しく見ていきましょう。

足場の設置

外壁塗装工事では、まず安全な作業環境を確保するために足場を設置する必要があります。

足場の設置は、作業員が高い場所で作業をする際の安全を確保するだけでなく、効率的な塗装作業を可能にします。

足場は施工する建物ごとに大きさや形状を確認したうえで設計され、安定性とアクセスの良さが重要です。

また、足場の設置の際には、周囲の安全も考慮して作業をおこないます。通行人や隣接する建物への影響を最小限に抑える必要があります。

養生

養生は、塗装作業中に建物の他の部分や周囲の環境を保護するためにおこなわれる作業です。

窓や扉、植栽など、塗料が付着してはいけない部分を塗装をおこなう前に養生シートやマスキングテープを使用して覆い、保護します。

この工程は、塗装作業の精度を高めるだけでなく、不要な後処理を避けるためにも重要です。

養生は、塗料の飛散を防ぐだけでなく、天候や動物による意図しない汚れからも保護してくれます。

高圧洗浄・素地調査

高圧洗浄は、壁面の汚れや古い塗膜を効果的に除去するために行われます。高圧洗浄は、塗装の密着性を高め、長持ちする仕上がりを実現するために必要不可欠な工程です。

高圧洗浄作業の後は、壁面のひび割れや損傷がないかなどを調べるために素地調査をおこないます。素地調査の結果、補修が必要と判断された箇所には塗装をする前に必ず補修工事をおこないます。

この素地調査と補修工事によって、塗装の前に外壁の表面の状態を整え、塗装完了後の品質を向上させることができるのです。

高圧洗浄や素地調査、補修が不十分な状態のまま塗装をしてしまうと、仕上がりの見た目が悪くなるだけでなく、建物の耐久性が下がってしまうなどの不具合にもつながりかねないため、この工程は特に丁寧におこなう必要があります。

塗装

塗料の種類や色、光沢などの要素によって、建物の印象は大きく変わります。

塗装工程では、事前に選定した塗料を丁寧に均一に塗布していきます

通常、下塗り、中塗り、上塗りの順で行われ、各層が適切に機能するように注意深く作業がおこなわれます。

塗装作業は、天気や気温、湿度などの気象条件を考慮しながらおこなわれます。気象条件ごとに最適な塗布厚さや乾燥時間などが変わってくるので、豊富な経験や判断力が求められるのです。

塗装は、外壁塗装の仕上がりと耐久性に直接的に大きな影響を与えるため、非常に重要な工程です。

足場の解体・片付け

塗装作業が終了したら、塗り残しやムラなどがないか全体を点検します。

点検で問題がなければ足場を解体し、作業場所をきれいに片付けます。

足場の解体は、安全に注意しながら慎重におこなわなければなりません。

作業場所をきれいに片付けて帰ることで、施主や近隣住民に「優良な業者だな」という印象を与えることができるので、新規顧客やリピーターの獲得にもつながるでしょう。

足場の解体と後片付けが終了したら、最終的に、施主や関係者に対して工事の結果を報告し、必要に応じてアフターケアなどの説明をおこないます。

塗装工事に関連する3つの資格

塗装工事には専門的な技術と知識が必要であり、それを証明する資格は数多く存在します。

ここでは、塗装工事に関連する主要な以下の3つの資格について紹介します。

  • 一級塗装技能士
  • 外装劣化診断士
  • 足場の組み立て等作業主任者

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

一級塗装技能士

一級塗装技能士は、塗装工事の専門知識と技術を有する国家資格です。

高度な技術力が求められ、資格を持つことで信頼性が高まります。

塗装業として7年の実務経験か、二級塗装技能士を取得してから5年経過後に受験資格が得られます。受験するために長期間の実務経験が必要ということと、合格率が50%と難易度の高い試験です。

この資格を持つ技能士は、複雑で高度な塗装工事を適切に管理し、実施する能力を有しています。

外装劣化診断士

外装劣化診断士は、建物の外装の劣化状況を診断し、適切な修繕方法を提案する専門家です。

外装劣化診断士は、塗装工事を始める前の屋根や外壁などの劣化状況を調査し、診断したうえで最適な提案をおこなわなければならないという重要な役割を担っています。

試験を受けるには、建設業もしくは不動産業での実務経験が3年以上か、建築士などの一定の資格を取得している必要があります。合格率も50%前後と、比較的難しい試験です。

足場の組み立て等作業主任者

足場の組み立て等作業主任者は、足場の安全な組み立てや解体を管理する資格です。

足場は、塗装工事において、作業員の安全を確保するために不可欠なもの。この資格を取得することで、足場の設置と解体を安全に行うための知識と技術を有しているという証明になります。

足場の組み立て等作業主任者は、作業員の安全はもちろん、周囲の人々や環境に対する安全も考慮して、足場の設計と管理を行います。

高さが5mを超える場所での足場の組み立てには、足場の組み立て等作業主任者の資格を持っている人の配置が義務付けられています

まとめ

塗装工事は、建物や構造物を保護し、美観を向上させる重要な工事です。

塗装工事の種類は多岐にわたり、それぞれに高い技術や知識が必要です。また、関連する資格を持つことで、専門性と信頼性を高めることができます。

建設業界の転職求人サイト「トントン」では、塗装業に関する求人も数多く掲載しています。建築・建設業界への就職・転職を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

関連キーワード

・公開 / 非公開求人多数掲載!
・転職後に収入380%の実績アリ!
・アドバイザーによるサポートも充実!

トントンでは様々な方に向けた求人を多数掲載!
初めての就職やキャリアアップのために適した企業に、 全て無料で応募可能です!

会員限定!
サイト掲載不可の
限定求人をご紹介!

転職サポートに30秒で無料登録!

お持ちのアカウントで登録

お名前

電話番号

メールアドレス

個人情報保護方針をご確認の上、お進みください。

監修者画像
トントン株式会社
監修者情報
建築・施工管理業界の転職に特化したトントンのキャリアアドバイザーや、現場仕事に従事した経験がある有識者が監修をしております。CAD検定・玉掛け技能講習・商業施設士補など様々な有資格者がサイトを運営しております。
監修者について
おすすめの記事